相続手続きの相談先について

目次

はじめに

インターネットで、例えば「千葉市 相続手続き」や「千葉市 司法書士」と検索すると、相続の手続きをサポートする銀行、司法書士、行政書士、税理士など、たくさん表示されると思います。

「スポンサー」や「広告」と表示されているのは、インターネット広告を出している方々ですが、それ以外に表示されている方々の誰に相談したら良いかについて、とても迷うと思います。

そこで、はじめに各種士業、紹介業者など相続の相談先の相違について簡単にまとめてみました。

相続手続きの相談先一覧

タップで拡大できます。

つまり、相続手続きを依頼するのであれば、おおよそ次の選択肢になります。

1 相続分に関する争いがあり、相続人の間で話がまとまらない場合は弁護士

2 相続税の申告が必要な場合は税理士

3 相続財産に不動産がある場合は司法書士

インターネットを用いた相続手続きのサービス提供会社は、料金は比較的低めですが、相続手続きを自分で行う方向けに特化しています。

自分で手続きを行うサービスでは、法的サポートを受けたり手続きに関する相談をすることはできませんし、サービスを希望する場合は、料金が変わってくると思いますのでご注意ください。

法務局への登記申請手続きを自分で行うサービスの場合、何度も法務局に出向く必要がある、あくまでも書式の説明しか受けられないなどの点に注意が必要です。

司法書士に依頼する場合は
どこにある司法書士事務所が良い?

ここからは、司法書士に相続手続きを依頼する場合について、解説していきます。

どの場所の司法書士を選ぶ?

原則として、相続手続きに関しては全国どこの司法書士でも対応可能です。

しかし、被相続人や相続人が住んでいる場所から遠く離れた司法書士事務所にあえて依頼する必要はないかもしれません。

弊社においても、市内や近隣市のお客様からのご依頼が多いですし、お客様もお打ち合せに行きやすいから、近い方が良いとおっしゃられる方が多いです。

相続財産の場所は関係あるか?

相続財産の不動産のある場所や、預貯金がある金融機関の本店の場所は遠方でも、司法書士の事務手続き上ほぼ問題がありません。

遠方にある法務局に申請が必要な場合でも、ご自身のお近くの司法書士がきちんと手続きを進めてくれます。

もちろん、遠方の法務局への交通費を請求する司法書士はいないと思います。

相続手続きの相談の手順

司法書士に相談する場合は、面談日時を電話やメールで予約のうえ、事務所、ご自宅などで直接、またはzoomなどで行うことになります。

ご自宅や職場に近い場所の方が気軽に相談に行きやすいという理由で、近くの司法書士を選ばれる方も多いです。

相談料ですが、有料相談の事務所もありますし、初回無料相談を行っている事務所もありますので、気軽に予約時に確認してください。

相続手続きの費用について

相続手続きの費用は、ケースバイケースですが、不動産があるのに行政書士に依頼する、争いがないのに弁護士に依頼するという場合は、料金は高めになることが多いので注意しましょう。

司法書士に依頼する場合、地域や事務所により異なりますが、自分で戸籍や遺産分割協議書を作成し、司法書士には不動産の相続による名義変更登記のみを依頼する場合は、5万円〜になると思います。

戸籍の収集、遺産分割協議書の作成など、不動産の名義変更に必要な手続きをすべて依頼する場合は、8万円〜になると思います。

また、金融機関の口座に関する相続手続きも依頼する場合は、一金融機関当たり3万円〜になります。

相続手続きに要する費用は、ご面談時に確認のうえご自身でご判断ください。

戸籍の取得に要した費用、預金残高証明書取得に要した費用、法務局に納める登録免許税などの、いわゆる実費は別途必要になるのが一般的ですので、その費用も含めて検討する必要があります。

※相続税の申告手続きを依頼する場合は、別途税理士に費用を支払う必要があります。

まとめ

  • 相続手続きの依頼先は、各種士業や会社などの特徴を活かして選びましょう。
  • 不動産の名義変更手続きが必要な場合は、司法書士への相談をおすすめします。
  • 費用だけではなく、面談時に何でも相談できそうな相手かという印象も大切かもしれません。
  • 費用は事務所ごとに違いますので、面談時に依頼する予定の業務内容と併せて確認しましょう。

当事務所の相続手続きサポートについて

当事務所では、ご相談者様のお話をしっかりとお聴きし、戸籍の収集、遺産分割協議書の作成、登記申請書の作成及び法的サポートなど柔軟にかつ迅速に対応しております。

あわせて、金融機関の残高証明書の取得、口座解約・払い戻しの手続きも行っています。

初回無料相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

≽当事務所の相続手続きサポートはこちら

目次